2018年12月14日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,449.70 -366.49
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,440 -340

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

12月13日(木)14:18

景気拡大が「いざなぎ超え」判定 戦後2番目の長さ[映像あり]

防衛大綱 陸海空統合で新領域対応 与党に提示

12月13日(木)13:02

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

ついに長短金利逆転

2018/12/4 9:13
保存
共有
印刷
その他

3日の米国債券市場で、米3年債利回りが2.838%、5年債が2.834%と一時的ながら僅差で逆転する局面が生じた。

長短金利差を映す代表的な指標とされる10年債と2年債の利回り格差は、依然として順ザヤだが、10年債で2.966%、2年債が2.821%とその差が0.14%程度まで縮小している。これは2007年以来の利回り格差縮小だ。

イールドカーブ(利回り曲線)平たん化の「異変」は、米中会談直後に生じたことが示唆的だ。

基本的に、短期金利は米連邦準備理事会(FRB)が決めるが、長期金利は市場が決める。

暫時の休戦に突入して、とりあえず追加関税は90日間の棚上げとなり、12月の米利上げは予定通り実行されそうだ。それゆえ、FRBの政策金利と相関が強い2年債利回りは前日比でほぼ変わらず。一方で、米中貿易摩擦の長期化を懸念して、将来のインフレ期待を映す10年債利回りは0.04%ほど下落した。

その結果、イールドカーブのフラット化(金利差縮小)が進行したのだ。

長期と短期の金利水準が逆転する「逆イールド」が起きると、過去の事例では、タイムラグを経て景気後退入りしている。

ウォール街のつわものでも気味悪がる現象だ。

近づく12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが予定通り決定されれば、その時点で、10年債と2年債の利回り逆転が生じる可能性がある。市場には切迫感が強まっている。

3日は、90日間の猶予となり、安堵の相場となったが、マーケットの眼は債券市場に向いている。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ