ブロックチェーン 地方で息吹(熱撮西風)

2018/12/6 2:00
保存
共有
印刷
その他

仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン(分散型台帳)」。記録の改ざんが困難という高いセキュリティー性から、自治体の公文書の管理や農産物の生産履歴などに使われ始めた。地方で進む活用に向けた実験に期待がかかる。

「生産履歴を証明」

宮崎県綾町のワイン生産者と電通国際情報サービス(東京・港)は、栽培から製造、流通までの履歴をブロックチェーンに記録する実験を4月から始めた。入力されたデータは改ざんが難…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]