/

この記事は会員限定です

日産、会長選任へ4日に第1回会合

[有料会員限定]

日産自動車は4日、カルロス・ゴーン容疑者の解任後に空席になっている会長職について、候補者選定を一任されている社外取締役が後任人事を協議する1回目の会合を開く。ゴーン元会長の後任を巡っては、3人の社外取締役が選んで12月中にも提案することを11月の取締役会で決めた。1回目の会合では結論は出ないもようで、今後も複数回話し合って後任を絞り込み、17日の取締役会にも提案する方針だ。

日産の社外取締役は経済産業省出身...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン