/

この記事は会員限定です

米中「休戦」見えぬ90日後 知財協議に高いハードル

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】追加関税の拡大猶予で歩み寄った米中両国は、近く米国が期限設定した90日間にわたる知的財産保護の是正策などの協議に入る。90日という短期間に加え、中国がこれまで認めてこなかった問題も議題に設定されるなど、米国が想定する合意のハードルは高い。最大の争点だった中国の先端産業育成策「中国製造2025」の見直しも素通りで、貿易戦争の「休戦」の先を見据えた米中関係はなお不透明だ。

米側...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン