2018年12月15日(土)

ヤマハ発、人事・総務系3子会社を合併

南関東・静岡
2018/12/3 22:00
保存
共有
印刷
その他

ヤマハ発動機は3日、人事業務や総務業務などを手掛ける3子会社を2019年4月1日付で合併すると発表した。合併後の新会社、ヤマハ発動機ビズパートナー(静岡県磐田市)に人材を集め、グループ企業から人事・総務関連業務を受託。グループ企業が本業に専念できる体制を整える。

3子会社は社員食堂や社宅の管理を担うヤマハモーターサポート&サービス(同市)、給与計算や会計処理を手掛けるヤマハ発動機マネジメントサービス(同市)、人材派遣などのヤマハモーターアシスト(同市)。ビズパートナーの社長にはマネジメントサービスの鈴木正典社長が就く。

ビズパートナーは派遣社員を除き500人強の体制でスタート。ヤマハ発グループのシェアードサービス会社としてグループ企業からの業務受託を進める一方、人材派遣などグループ外企業向けの事業にも注力する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報