/

この記事は会員限定です

LIXIL、潮田氏の危うい拡大策(ガバナンスの掟)

[有料会員限定]

LIXILグループが社長兼最高経営責任者(CEO)だった瀬戸欣哉氏を事実上解任し、創業家出身で取締役会議長を務めていた潮田洋一郎氏がCEOに返り咲いた。藤森義明氏、瀬戸氏とプロ経営者が2代続けてオーナーの期待に応えられず退場し、オーナーじきじきに経営に乗り出した形だ。だが潮田氏が次の成長をかける海外M&A(合併・買収)をテコにした拡大戦略には不安も漂う。

LIXIL株は10月22日の業績下方修正を受けてまず下がり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2701文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン