宮城の旅館・一の坊、追加料金不要 一括精算で効率化

2018/12/3 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県内で高級旅館を展開する一の坊(仙台市)はオールインクルーシブとよばれる均一料金制度を導入した。飲食やレンタルサイクルなどの個別会計が不要な「込み込み」料金で、精算業務を大幅に効率化できる。海外ではクルーズやリゾートに広がっているが、日本では低価格ホテルが中心。人手不足が深刻ななか、新しい料金体系を通して生産性向上につなげる。

主力の大型旅館「松島一の坊」(宮城県松島町)に1日の宿泊分から導…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]