愛媛の被災事業者、30グループへ補助金認定 復興事業が本格化

2018/12/4 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本豪雨で被災した愛媛県内の30グループが、国と県で支援するグループ補助金の認定を受け、復興が本格化する。被害の大きかった大洲市など南予地域や松山市などの商工事業者が中心。グループを構成する各事業者は個別に補助金の交付申請をし、建て替えや設備の取り換えなどに活用する。個別の申請は年末以降ピークを迎えるが、手続きの煩雑さなど課題も浮上している。

被災事業者は地域や業種ごとにグループを立ち上げ、グ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]