2019年2月17日(日)

スマホ決済対応、コンビニ急ぐ ミニストップ、全店で導入

ネット・IT
小売り・外食
2018/12/4 6:00
保存
共有
印刷
その他

コンビニエンスストア各社がスマートフォン(スマホ)アプリ決済を相次ぎ導入している。ミニストップは17日から楽天やLINEが提供する決済サービスを導入する。ファミリーマートローソンもサービスを拡充している。決済手段を多様化して顧客の利便性を高める。

ローソンスマホペイは、商品バーコードをスマホで読み取り、店内のどこでも決済が可能

ミニストップが導入するのは楽天の「楽天ペイ」、LINEの「LINEペイ」、ソフトバンクヤフーの共同出資会社による「ペイペイ」の3種類。買い物客がスマホアプリを操作してバーコードを表示し、店員が読み取ると支払いができる。国内の全2225店(10月末時点)が対象となる。

ミニストップではキャッシュレス決済の比率が約2割という。決済にかかる時間が短くなり、店側と顧客の双方にとってメリットがある。現金の取り扱いが減れば、店員の作業も軽減できる。

ほかの大手コンビニもスマホ決済を強化している。ファミリーマートは4日、全店でNTTドコモの「d払い」や「LINEペイ」、「楽天ペイ」など4種類に対応した。ローソンは消費者が自らバーコードを読み取り、スマホ決済するアプリ「ローソンスマホペイ」を11月に刷新した。クレジットカード決済や「楽天ペイ」に加えて、新たに「LINEペイ」を採用した。

保存
共有
印刷
その他

顔認証で「無人コンビニ」 セブン、NECと実験店[有料会員限定]

2018/11/30 6:54

ファミマ、対応ポイント拡大[有料会員限定]

2018/11/28付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報