/

この記事は会員限定です

シャープ、iPhone部品生産を中国移管 期間工3千人削減

[有料会員限定]

シャープが亀山工場(三重県亀山市)で手がけていた米アップルの「iPhone」用センサー部品の生産を親会社である鴻海(ホンハイ)精密工業の中国拠点へ移したことが分かった。顔認証に用いる同部品の新規受注などに伴い2017年夏以降、雇い入れた外国人の期間労働者は最大4千人規模に達したが、18年夏までに3千人以上を減らした。急速な雇用縮小を問題視する声も出ている。

亀山工場では17年11月発売の「iPhone X...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン