富士通、園芸作物の生産予測システム、高知県などと共同実証

2018/12/3 17:41
保存
共有
印刷
その他

富士通は3日、園芸作物の生産予測システムの実証を高知県で2019年1月下旬から始めると発表した。高知県と同南国市に拠点を置き人工知能(AI)を活用した対話システムを開発するNextremer(ネクストリーマー、東京・板橋)と共同で実施する。

システムはハウス内の作物の生育データや出荷データを富士通のクラウド上で一元管理し、ネクストリーマーが開発したAI…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]