2019年6月17日(月)

日経、ケップルに出資 スタートアップ情報で協業

2018/12/4 2:00
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社は、スタートアップ企業に関する情報サービスを手がけるケップル(東京・渋谷)と資本業務提携した。ケップルは、ベンチャーキャピタル(VC)や上場企業がスタートアップに投資した情報を管理するクラウドサービスを手がける。両社はスタートアップ情報の企業向けの提供や、関連イベントで協業する。

提携を説明するケップルの神先孝裕代表取締役(左)と日本経済新聞社の渡辺洋之常務

提携を説明するケップルの神先孝裕代表取締役(左)と日本経済新聞社の渡辺洋之常務

ケップルが11月に実施した総額2億7000万円の第三者割当増資のうち、日経が2億5000万円を引き受けた。

ケップルはスタートアップの業績や資金調達情報などを管理するクラウドソフト「FUNDBOARD」(ファンドボード)を運営しており、日経がサービス展開や機能拡充で協力する。スタートアップ関連のイベント開催や関連コンテンツの制作・配信などを共同で進める。

日経は国内外の有力スタートアップを招いたイベント開催など関連事業を強化している。ファンドボードはスタートアップの企業情報を集めたプラットフォームを目指しており、日経は同事業を支援しスタートアップ市場の活性化を後押しする考えだ。

ケップルは2015年の設立。ファンドボードは8月の発売以降、VCや大企業など20社程度がすでに利用している。上場企業データベースを保有する日経との協業でより多くの大企業への採用を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報