/

この記事は会員限定です

受精卵ゲノム編集出産で波紋、各国で分かれる規制手法

[有料会員限定]

中国の研究者が遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」を施した受精卵から双子の女児が誕生したと主張し、規制のあり方が問われている。事実ならば、中国の指針で禁止されているにもかかわらず、抑えられなかったことになる。日本では新たな指針で受精卵のゲノム編集を基礎研究に限り2019年4月に解禁する見通しだが、まだ不十分な点が残る。

「この技術の必要性を強く感じた」。中国の南方科技大学(広東省深圳市)の賀建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン