/

この記事は会員限定です

手堅い収益、成長源に 中堅の純利益増加率上位

NEXT1000

[有料会員限定]

日本経済のけん引役として期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、2018年度上期の純利益の前年同期比の増加率を調べたところ、IT(情報技術)企業や特定分野に強い製造業などが上位に入った。各社は本業で生み出す収益を原資にしながら、新たなサービスや技術を使った事業への投資にも積極的。次の事業の柱を育て、持続的な成長を続ける基盤づくりに取り組んでいる。

1位 Fringe81 ネット広告、開発も営業も

Fringe81(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2751文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン