/

この記事は会員限定です

CITICキャピタル、仏投資会社から日本オイルポンプ買収 100億円強

[有料会員限定]

中国系投資ファンドのCITICキャピタル・パートナーズは産業機械ポンプの開発・製造を手掛ける日本オイルポンプ(埼玉県熊谷市)を買収した。買収額は100億円強とみられる。中国やアジアなど海外への拡販を支援して企業価値を高め、将来的な株式上場や売却を目指す。

このほど、フランスの投資会社ウェンデルから発行済み株式の全てを取得した。CITICキャピタルは11月中旬にも味の素から香港のソース会社アモイ・フードの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン