2018年12月14日(金)

新幹線の混雑予測、JR東が実験 料金変動制の布石に

サービス・食品
2018/12/3 14:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新幹線で空席が目立てば、特急料金を安くして利用を促す――。そんな構想の実現に向け、JR東日本が3日、大宮駅で実証実験を始めた。ビッグデータなどを使ってシステムを開発するメトロエンジン(東京・港)の需要予測技術を活用する。リアルタイムで座席の需要を予測することにより、電車の料金を柔軟に設定できるようにすることを目指す。

通常、新幹線の指定席券の購入は乗車の1カ月前から可能だ。JR東とメトロエンジン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報