/

日本と関係悪化回避を 韓国大統領

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、元徴用工訴訟で韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じる判決が相次いだことをめぐり「歴史問題のために、未来志向的に発展させるべき協力関係が損なわれてはならない」と強調した。判決後に文氏が日韓関係に言及したのは初めて。「歴史問題は歴史問題として別途、賢く処理しながら協力していかなければならない」とも述べた。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は元徴用工訴訟の判決後に初めて日韓関係に言及した=ロイター

1日に閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議後、政府専用機内で韓国メディアの質問に答えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン