/

この記事は会員限定です

木枯らし吹かず、でも冬後半は寒い可能性(天気のなぞ)

編集委員・気象予報士 安藤淳

[有料会員限定]
天気のなぞ
 冬の到来を告げる「木枯らし1号」が、2018年は関東で吹かず、近畿でも17年より23日も遅かった。しかし、だからといって冬が来ないわけではない。過去を振り返ってみると、年明けから冷え込んだケースも多い。寒波が遅れてやってくると、紅葉を楽しめる期間も短くなりがち。タイミングを逃さないようにしたい。

 木枯らし1号の「定義」はなかなか厳しい。吹く時期は10月半ばから11月末までの間でなければな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2009文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン