/

この記事は会員限定です

マンガ市場成熟 海外展開や電子拡大

文化は世につれ(1)

[有料会員限定]
 手塚治虫が亡くなってから、やがて30年。創業者というべき巨匠を失ったあとも日本のマンガは繁栄と成熟を謳歌した。そして今、デジタル化という巨大な地殻変動のただなかにある。

「頼むから仕事をさせてくれ」――。そんな言葉をのこして手塚は1989年(平成元年)2月9日に世を去った。敗戦後の日本に物語性の高いマンガを根づかせた立役者は、最期まで第一線を走り続けたのである。

生前、手塚は「これからの漫画家は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3629文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン