2019年4月20日(土)

障害者試験の受け付け開始 雇用率向上狙い14日まで

2018/12/3 10:46
保存
共有
印刷
その他

中央省庁の障害者雇用水増し問題を踏まえ、人事院は3日、障害者を対象とした国家公務員試験の受け付けを始めた。郵送限定で今月14日まで。民間に比べ低調な雇用率の向上に向け、29の省庁などが計676人の採用を見込む。試験日は来年2月3日で、省庁の面接を経て3月22日に最終合格者が決まる。

受験希望者は申込書と調査票を送る必要があり、人事院のホームページからダウンロードできる。申込書には希望する勤務地、障害の種類などを記載。調査票は試験会場で必要な配慮を人事院側が把握するのが目的で、点字試験や、弱視による解答時間の延長といった希望を伝える。

試験会場は札幌や東京、大阪など9都市を予定。省庁別の採用人数は国土交通省169人、法務省125人、防衛省60人などで、地方の出先機関が多い。通過者は2月22日に発表。最終合格者を決める面接は同27日~3月13日に行われる。

〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報