2018年12月13日(木)

フィリピン「靴の町マリキナ」 ネット世代台頭で復活 (グローバルViews)
マニラ 遠藤淳

グローバルViews
コラム(国際・アジア)
東南アジア
2018/12/5 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジア随一の"靴産業の町"として知られたフィリピン・マニラ首都圏のマリキナ市。2000年前後に中国製の安価な輸入品に押され、靴産業は衰退したが、インターネット世代の若い起業家が台頭し、復活しつつある。マルコス独裁政権下でイメルダ夫人が愛用したことでも知られるマリキナ・ブランドは、かつての栄華を取り戻せるか。

マニラの住宅街にひっそりとたたずむ小さな靴屋「マルキナ・シューメーカー」。店構えは地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報