2018年12月19日(水)

対中強硬派vs.国際協調派 米中「一時休戦」で深まる溝

トランプ政権
貿易摩擦
北米
2018/12/3 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ブエノスアイレス=河浪武史】米中両国は1日の首脳会談で、米国による追加関税の発動を90日猶予することで合意した。貿易戦争激化の回避に胸をなで下ろすムニューシン米財務長官ら国際協調派に対し、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表ら対中強硬派は批判を弱めておらず、トランプ政権内の溝は深まる一方だ。90日後のシナリオも白紙で、強硬派が巻き返す余地を残している。

「米中首脳による素晴らしいディール…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報