2019年2月17日(日)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

小平、プレーオフ制す 国内メジャー3冠

2018/12/2 20:46
保存
共有
印刷
その他

最終日、プレーオフでウイニングパットを決めガッツポーズの小平智(2日、東京よみうりCC)=共同

最終日、プレーオフでウイニングパットを決めガッツポーズの小平智(2日、東京よみうりCC)=共同

大会史上初の3人プレーオフ。難グリーンで鳴らす18番(パー3)で小平は一人、2パットのパーで収めた。逆転負けした2年前の悔しさを晴らすとともに、米ツアー参戦1年目を、最高の形で締めくくった。

4月に米ツアー初優勝の快挙を果たした後、予選落ちが続いた。国内でもトップ10入りさえなく「つらかった」と明かす。「プロは結果が全て。出ないと落ち込む」。猛者ぞろいの米ツアー選手と戦うため、飛距離や高弾道の球を求めるあまり、スイングに狂いが生じた。迷いが吹っ切れたのは10月ごろ、大溝キャディーが口にしたひと言。「もっとテキトーにやれよ」。難しく考えすぎず、シンプルに。「自分のゴルフをするのが一番だ」と思い直して元のスイングに戻し、以前の感覚を取り戻したという。

6番で2メートルにつけイーグルを奪ったショット、バーディーは逃したが本戦の18番でピン奥2.5メートルに落とした一打は、本来のショット力を存分に示した。反撃ののろしを上げたのは難関4番のチップインバーディー。米国で予選落ちすると週末は5、6時間みっちり練習、さまざまな状況に対応するため磨いた小技が生きたという。1.5メートルの厄介なウイニングパットも、冷静に沈めた。

米ツアー選手として、初Vぞろいの若手の壁になってやろうと戦い、しぼみかけていた自信も回復しただろう。新年早々にハワイで始まる新たな戦いに、弾みをつける国内メジャー3冠達成だ。(吉良幸雄)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

豪州OP最終ラウンド、ショットを放つ野村敏京。通算11アンダーで4位(17日、グランジGC)=ゲッティ共同

 【グランジ(オーストラリア)=共同】米女子ゴルフのISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは17日、オーストラリア南部グランジのグランジGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、2位から出た野村敏京 …続き (17:12)

第3ラウンド、14番でティーショットを放つ松山英樹(16日、リビエラCC)=共同

 【パシフィックパリセーズ(米カリフォルニア州)=共同】米男子ゴルフのジェネシス・オープンは16日、カリフォルニア州パシフィックパリセーズのリビエラCC(パー71)で第2ラウンドの残りと第3ラウンドが …続き (12:06)

第3ラウンド、ショットを放つ野村敏京。通算9アンダーで2位(16日、グランジGC)=大会事務局提供・共同

 【グランジ(オーストラリア)=共同】米女子ゴルフのISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは16日、オーストラリア南部グランジのグランジGC(パー72)で第3ラウンドが行われ、3位から出た野村敏京 …続き (16日 18:03)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]