スポーツ > ゴルフ > 記事

ゴルフ

26歳今平 小さな賞金王 巧みな技術でハンデ克服

2018/12/2 20:41
保存
共有
印刷
その他

今季の賞金王となり、ボードを掲げる今平周吾(2日、東京よみうりCC)=共同

今季の賞金王となり、ボードを掲げる今平周吾(2日、東京よみうりCC)=共同

今平は同組の小平が64の猛攻で逆転優勝へと突き進む、米ツアー仕込みの攻めのゴルフを目の当たりにした。「勝負どころで強いな、と思った」

年間1勝での賞金王は42年ぶりの珍事。すべてに秀でた「万能ゴルフ」をいかにして勝負強さへと昇華させるか、日本人では石川(18歳)、松山英樹(21歳)に次ぎ3番目に若い賞金王にとっての課題は明白だ。喜びの第一声の前に「賞金王にふさわしいゴルファーになれるよう頑張る」と一層の努力を誓った。

石川が15歳でプロの試合を勝って世の話題をさらったのが2007年。松山も出場していた翌年の日本ジュニアを埼玉栄高1年で制した。高校を中退、渡米してIMGアカデミーで2年間腕を磨き、帰国後にプロ転向。14年に下部ツアーの賞金王、15年の初シード獲得を経て成長曲線は常に右肩上がりだ。

「賞金王といってイメージするのは(01、03年の)伊沢利光さん」。理想に近い、軸がぶれないスイングをシーズン通して持続した。トップ10フィニッシュ(マッチプレー含む)は14回。2年前まで腰痛に苦しんだ時期もあったが、今季初めて渡辺研太トレーナーと年間契約を結び、故障のない体づくりを学んだ。肩甲骨、股関節の可動域を広げ、スイングをより大きく、速く、日々改善に努め、身長165センチのツアー史上一番小柄な賞金王が誕生した。「背が低いのをハンデととらえたこともあったが、ゴルフでは克服できる」

バーディー率1位で平均ストロークはただ一人の60台(69.92)をマーク。平均パット数1位と、パッティングがスコアメークの原動力となっているところに、海外で通用する能力の高さを感じさせる。ニッポンの賞金王で来年の全英オープンは切符を確保。熱望するマスターズ出場へ、世界ランク50位圏突入も間近だ。(串田孝義)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

9番でアプローチショットを放つ原英莉花。通算10アンダーで優勝した=共同共同

18番を3打差の首位で迎えた。ダブルボギーでも勝てるが、1.5メートルのパーパットが1メートルあまりオーバーすると、原英は「緊張MAX」に。何とかボギーで終えると、大きく息をついた。完全優勝に「初めて …続き (11/29)

通算10アンダーで優勝し、トロフィーを手に笑顔の原英莉花(29日、宮崎CC)=共同共同

ツアー選手権リコー杯最終日(29日・宮崎CC=6543ヤード、パー72)来年と統合することが決まっているシーズンの年内最終戦。21歳の原英莉花が3バーディー、3ボギーの72で回り、通算10アンダーの2 …続き (11/29)

(1)原英莉花      278(67、68、71、72)
(2)古江彩佳      280(71、66、75、68)
(3)渋野日向子     282(68、69、74、71)
(3)上田桃子       …続き (11/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]