2019年7月16日(火)

「米中貿易戦争、難題多く」海外メディアが報道

2018/12/2 18:28
保存
共有
印刷
その他

米中両国が1日にブエノスアイレスで開いた首脳会談について、海外メディアは「貿易戦争の解決に向けて難題が多く残っている」などと相次ぎ報じた。

海外メディアは米中首脳会談を「難題多く」と報じた=ロイター

英国放送協会(BBC、電子版)は関税の一時猶予について「貿易戦争の一時停止ではなく、貿易戦争の激化の一時停止だ」と分析。トランプ政権は中国にさらなる市場開放などの構造改革を求めているが、「米政権を満足させて貿易戦争を完全に終わらせるためには、中国政府の市場開放に対する取り組みには大きな疑念が残っている」と指摘した。

米CNBC(電子版)はトランプ政権が一時猶予策を決めた理由について、専門家の意見を通じて「トランプ氏が米国で政治的な圧力に直面しているためだ」と指摘する。「米国のビジネスパーソンや消費者らは中国製品に高い関税を払わされており、農家の倒産や工場の閉鎖などを引き起こしている」と解説した。

一方で「米中は貿易や安全保障、イデオロギーなどでグローバルな優位性を競っている。トランプ氏が要求する(知的財産権などの)構造改革で習近平(シー・ジンピン)政権が交渉のテーブルにつくことはないだろう」との意見を掲載した。

米中首脳会談では北朝鮮の非核化に向けた連携を改めて確認した。米ワシントン・ポスト(電子版)は「北朝鮮の核開発問題に対する米中の協力では重要な進展があった」という専門家の声を紹介した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。