/

この記事は会員限定です

発達障害の子「初診まで数カ月待ち」短縮へ 厚労省

[有料会員限定]

厚生労働省は発達障害が疑われる子供の診断体制の見直しに乗り出す。現在は特定の医療機関に受診希望者が集中し、初診まで数カ月かかる事例が各地で相次いでいる。同省は診断に必要な情報を集める事前調査を児童福祉施設などが実施し、医療機関の負担を減らす仕組みを導入する。初診の待機時間を短縮し、発達障害児に適切な支援が行き渡るようにする。

発達障害は脳の機能障害により、行動や言語表現、社会的関係を築く上で困難...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン