日ロ交渉責任者の河野外相、祖父が56年宣言に関わる

2018/12/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ブエノスアイレス=甲原潤之介】河野太郎外相がロシアとの平和条約交渉を加速させる新たな枠組みの責任者に就いた。交渉の基礎となる1956年の日ソ共同宣言には祖父の河野一郎氏が関わった。河野外相は祖父の「遺産」をもとに、歴史的なロシアとの平和条約交渉を手がけることになる。

56年の日ソ共同宣言は当時の鳩山一郎首相とフル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]