2019年2月19日(火)

瀬戸際の国際協調 G20、危うき自己否定
本社コメンテーター 上杉素直

経済
政治
2018/12/2 14:56 (2018/12/3 0:39更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アルゼンチンで1日閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議は、反保護主義という創設の原点の精神を確かめることに失敗した。米国と中国の二大国が高関税という拳を振り上げてにらみ合うなか、合意を取り付けるだけで精いっぱいだった。

2週間前のアジア太平洋経済協力会議(APEC)が史上初めて首脳宣言を出せなかった衝撃を受けて開かれたG20会議。貿易や環境をめぐる米国の強硬ぶりは相変わらずだった。首脳宣言に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報