2018年12月11日(火)

プロ野球

松井稼頭央氏、メジャーの「遊撃」に最も肉薄
労惜しまぬ姿に西武ナイン奮起

2018/12/3 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

華麗な守備と強打は天分だけによるものではなかった――。日本を代表する遊撃手として活躍、2軍監督として第二の野球人生を歩むことになった西武・松井稼頭央氏(43)のこれまでを振り返った。

プロ野球の夢の舞台、オールスター。1試合4盗塁の最多記録(1997年)に劣らぬ衝撃があったのが、98年の第1戦で生まれた美技だった。

セの江藤智(広島)が放った三塁線の打球に、三塁・片岡篤史(日本ハム)が飛びつき、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトの奥村政之編成部国際担当部長は10日、新外国人として今季、米大リーグ、ダイヤモンドバックス傘下のマイナー3Aでプレーしたアルバート・スアレス投手(29)の獲得に動いていると明らかにした。近日 …続き (10日 20:55)

 日本野球機構(NPB)の協約・ドラフト改定委員会が10日、東京都内で開かれ、1軍公式戦に出場できる「出場選手登録」の人数を28から29に拡大することが承認された。日本プロ野球選手会の同意も得ており、 …続き (10日 19:54)

日本ハムの入団記者会見で、背番号「19」を披露する金子弌大投手。右は栗山監督(10日午後、札幌市内のホテル)=共同

 オリックスから自由契約となり、日本ハム入りが決まった金子千尋投手(35)が10日、札幌市内で入団記者会見を行い「栗山監督をはじめ球団の方の熱い情熱に心を打たれた。北海道で野球がしたいと思った」と移籍 …続き (10日 18:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]