プロ野球

松井稼頭央氏、メジャーの「遊撃」に最も肉薄
労惜しまぬ姿に西武ナイン奮起

2018/12/3 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 華麗な守備と強打は天分だけによるものではなかった――。日本を代表する遊撃手として活躍、2軍監督として第二の野球人生を歩むことになった西武・松井稼頭央氏(43)のこれまでを振り返った。

プロ野球の夢の舞台、オールスター。1試合4盗塁の最多記録(1997年)に劣らぬ衝撃があったのが、98年の第1戦で生まれた美技だった。

セの江藤智(広島)が放った三塁線の打球に、三塁・片岡篤史(日本ハム)が飛びつき、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

ブルペンで投げ込む西武・松坂=共同

 その表情は生き生きとしている。14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔。プロ生活をスタートさせた原点で迎える22年目のシーズンを前にした春季キャンプで39歳のベテランは笑顔も見せながら、一回り以上年下の後 …続き (11:46)

中川(手前右)と宗(同左)は三塁の定位置争いでしのぎを削る

 米大リーグ通算282本塁打、1939安打の新外国人、アダム・ジョーンズが宮崎キャンプの打撃ケージに入ると、同僚までもがそのスイングに見入る。まずバットの芯を外さない精度に、2年総額800万ドル(約8 …続き (16日 20:30)

 プロ野球のオープン戦が16日、那覇市で1試合が行われて開幕し、DeNAが昨年のセ・リーグ覇者の巨人に4―1で快勝した。
 オープン戦は2月中には沖縄、宮崎県内のキャンプ地を中心に予定が組まれ、29日か …続き (16日 16:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]