プロ野球

松井稼頭央氏、メジャーの「遊撃」に最も肉薄
労惜しまぬ姿に西武ナイン奮起

2018/12/3 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 華麗な守備と強打は天分だけによるものではなかった――。日本を代表する遊撃手として活躍、2軍監督として第二の野球人生を歩むことになった西武・松井稼頭央氏(43)のこれまでを振り返った。

プロ野球の夢の舞台、オールスター。1試合4盗塁の最多記録(1997年)に劣らぬ衝撃があったのが、98年の第1戦で生まれた美技だった。

セの江藤智(広島)が放った三塁線の打球に、三塁・片岡篤史(日本ハム)が飛びつき、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 SMBC日本シリーズ2020は24日、ペイペイドームに舞台を移して第3戦が行われ、ソフトバンクが巨人を4―0で下して3連勝とし、4年連続11度目の日本一に王手をかけた。ソフトバンクは18年の第3戦か …続き (21:43)

日本ハムの有原航平投手(左)、西川遥輝外野手=共同

 日本ハムが米大リーグ挑戦を希望している有原航平投手(28)と西川遥輝外野手(28)に今オフのポスティングシステムの利用を容認する方針であることが24日、関係者への取材で分かった。両選手は昨年の契約更 …続き (20:03)

第2戦の6回巨人1死一、二塁、好機で空振り三振に倒れた丸=共同

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2020は24日に福岡市のペイペイドームで第3戦を迎える。2連勝のソフトバンクは、プロ野球記録となる日本シリーズでの連勝を10に伸ばした。投打に圧倒され、波に乗れない巨 …続き (23日 20:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]