その他スポーツ

服部勇、日本勢14年ぶりの優勝 福岡国際マラソン

2018/12/2 14:26
保存
共有
印刷
その他

福岡国際マラソンは2日、平和台陸上競技場発着の42.195キロで行われ、服部勇馬(トヨタ自動車)が2時間7分27秒で優勝した。日本勢の優勝は2004年の尾方剛以来14年ぶり。

2時間7分27秒で初優勝した服部勇馬(平和台陸上競技場)=共同

2時間7分27秒で初優勝した服部勇馬(平和台陸上競技場)=共同

マラソン4回目だった服部勇は、来年9月15日に行われる2020年東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を獲得した。

前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)は4位だった。(記録は速報値)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は14日、新潟県のアオーレ長岡などで3試合が行われ、中地区の川崎が新潟に70―67で競り勝ち、無傷の4連勝とした。新潟は開幕から4連敗。
 西地区の名古屋Dは …続き (19:43)

逆転で初優勝を果たし、胴上げされる国学院大アンカーの土方英和(14日、出雲ドーム)=共同

 「大学三大駅伝」の初戦、出雲全日本大学選抜駅伝は14日、島根県の出雲大社前から出雲ドーム前までの6区間45.1キロで行われ、国学院大が2時間9分58秒で初優勝した。全日本大学駅伝、東京箱根間往復大学 …続き (18:52)

 「完璧だった。もう言うことない。練習してきたことの全てを出せた」。自画自賛の嵐で振り返った平行棒は、まさに今大会の萱の集大成といえる出来だった。
 一つ一つの倒立を確実に、きっちり止めて次の技へと進ん …続き (16:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]