/

日トルコEPA「早期合意目指す」 両首脳が一致

【ブエノスアイレス=甲原潤之介】安倍晋三首相は1日午前(日本時間同日夜)、トルコのエルドアン大統領と訪問先のアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで会談した。両国間で協議中の経済連携協定(EPA)について早期合意を目指す方針で一致した。首相はトルコの隣国シリアで拘束されていたジャーナリスト安田純平さんの解放への協力に謝意を伝えた。

エルドアン氏は2019年6月の大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせた訪日に意欲を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン