2018年12月11日(火)

社会保障費、19年度の自然増は5000億円程度に

経済
2018/12/2 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省と厚生労働省は2019年度予算案で、人口の高齢化による社会保障費の伸び(自然増)を5000億円程度に抑えることで最終調整に入った。薬の公定価格の引き下げと高所得の会社員の介護保険料の引き上げなどで、厚労省の見込みより1000億円程度減らす。自然増を18年度並みの水準とすることで、財政再建への姿勢を保つ。

厚労省は今夏の概算要求で、社会保障費の伸びを6000億円と見込んでいた。16~18年度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報