2018年12月19日(水)

ゴーン元日産会長不在、崩れる仏大統領の思惑

ゴーン退場
自動車・機械
ヨーロッパ
2018/12/1 13:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仏ルノー・日産自動車連合を率いてきたカルロス・ゴーン容疑者が逮捕されたことで、ルノー筆頭株主の仏政府に動揺が広がっている。11月30日には20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれているアルゼンチンのブエノスアイレスで、安倍晋三首相とマクロン大統領が会談し、改めて企業連合の維持を求めた。長年の交渉相手だったゴーン日産元会長が不在になり、マクロン氏の「思惑」が崩れかねない事態に追い込まれている。

仏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報