2018年12月14日(金)

英閣外相、離脱案に抗議の辞任 メイ政権に痛手

Brexit
ヨーロッパ
2018/12/1 8:45
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=中島裕介】英国のジーマー教育担当閣外相は11月30日、英国と欧州連合(EU)で合意した離脱案に抗議するため辞任した。複数の英メディアが報じた。英テレグラフ紙によると、ジーマー氏は「離脱案は英国の国益にかなっていない」と批判している。メイ首相にとっては12月11日の離脱案の採決に向けて支持拡大のPR活動をしている最中だけに、打撃は大きそうだ。ジーマー氏は採決では離脱案に反対する方針だ。

メイ政権では離脱交渉の大詰めの段階で、閣僚や閣外相による抗議の辞任が相次いでいる。11月中旬に英政府が離脱協定案を閣議了承した際には、交渉担当者だったラーブEU離脱担当相など閣僚と閣外相が2人ずつ辞任した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報