富士フイルム、中国企業に60億円出資 医療機器販売強化

2018/11/30 22:30
保存
共有
印刷
その他

富士フイルムは30日、中国でX線フィルムや工業用フィルムの加工・販売を手がけるイエスター・ヘルスケア・ホールディングスに約60億円を出資すると発表した。イエスターが実施する第三者割当増資を引き受け、年内に同社全株式の9.56%を保有する予定だ。

イエスターは中国で富士フイルム製品の販売を担っている。提携関係を強め、成長する中国市場でX線フィルムや医療向け診断機器を売りやすくする。将来は中国市場に合わせた製品の共同開発も検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]