/

化粧品専門店「アットコスメ」、タイに進出

2020年に海外20店舗

化粧品専門店「アットコスメ」のタイ1号店(30日、バンコク)

【バンコク=岸本まりみ】化粧品口コミサイト「アットコスメ」などを手掛けるアイスタイルは2021年までにタイに化粧品専門店「アットコスメストア」を5店舗出店する。アイスタイルの吉松徹郎社長が30日、バンコクで開いた記者会見で明らかにした。海外店舗数は20年までに現在の約3倍の20店舗まで拡大する計画。運営する口コミサイトの情報を生かす独自の販売ノウハウで、成長するアジアの美容市場を取り込む。

1600万バーツ(約5440万円)を投じ、バンコクのショッピングモール「アイコンサイアム」内にタイ1号店を出店した。店舗は300平方メートルで、日本ブランドを中心に約3千点の商品を並べる。輸入品が中心だが、価格は日本と比べて1~2割高い水準に収めた。「今後3年以内に年間3億円の売り上げを出すことを目指す」(遠藤宗シニアバイスプレジデント)。19年2月にはバンコクの商業中心地サイアムで2号店を出店する計画だ。

アットコスメストアは月間約1600万人が訪れる化粧品口コミサイトで集めた情報を生かした店作りで知られる。化粧品はブランド横断で用途別に展示。ランキングや口コミなどの独自情報を売り場に反映する。日本では26店舗を運営し、海外では香港や台湾に拠点を構える。タイではすでに「セフォラ」や「イブアンドボーイ」などの化粧品専門チェーンが店舗を展開するが、アイスタイルは日本の化粧品に特化した品ぞろえで対抗する。

同社は20年6月期に売上高を500億円にすることを目指している。18年6月期の売上高は約284億円。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン