/

ファームノート、4億円調達 製品開発に充当

酪農・畜産農家向けシステムのファームノートホールディングス(北海道帯広市)は30日、北海道や九州の地銀や個人投資家などから計4億円を資金調達したと発表した。製品開発や人材の獲得の費用に充てる。酪農・畜産が特に盛んな北海道・九州エリアで営業基盤を整え、売り上げを伸ばす狙い。

資金は北洋銀行宮崎銀行、鹿児島銀行がファンドなどを通じて協調融資したほか、エンジェル投資家の千葉功太郎氏も出資した。ファームノートがこれまで調達した金額は約17億円に達した。

ファームノートは牛の首に取り付けたセンサーで発情など牛のデータを収集・分析し、スマホで通知するシステムを2014年に開発した。今後も獣医師や研究員を積極的に採用し、AIなどを活用した農業の生産性向上を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン