スイーツ列車 四国走る JR、19年2月

2018/12/2 7:01
保存
共有
印刷
その他

JR四国は観光列車「四国まんなか千年ものがたり」で初の企画となるスイーツトレインを2019年2月22~24日の3日間、運行する。ケーキなどの特製スイーツを列車内で味わえる。スイーツは東京銀座資生堂パーラーが監修した15種類を用意する予定。観光列車の定番企画へと育てる方針だ。

スイーツトレインは多度津―大歩危駅間を1往復する

スイーツトレインは各日とも多度津―大歩危駅間を1往復する。参加者は1号車と3号車に乗車。2号車に陳列したイチゴのショートケーキやミニパフェなどを専属アテンダントが乗客のもとに運ぶ。昼食として「日本料理 味匠 藤本」(徳島県東みよし町)の食事も提供する。

旅行代金は1万2千円(小学生以下は千円引き)。集合・解散駅までの料金は別途必要になる。12月3日からJR四国ワープ各支店などで申し込みを受け付ける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]