2018年12月11日(火)

時価総額で武田超えの中外製薬 外の力取り込み成長

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ヘルスケア
(1/2ページ)
2018/12/3 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

製薬各社が新薬創出に苦しむなか、中外製薬の躍進が際立っている。主力のリウマチ薬は年間売上高約2000億円の大型薬に成長。血友病や抗がん剤の新薬も市場の評価が高い。時価総額は4兆円を超え、国内トップに立つ。その経営戦略を解剖すると、スイスのロシュ傘下での安定した経営基盤に加え、オープンイノベーションの徹底が見てとれる。

2024年の世界売上高は44億ドル(約5000億円)――。英調査会社エバリュエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報