/

この記事は会員限定です

ビッグデータ、異業種連携に新指針 公取委

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

公正取引委員会は自動運転や、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などでの異業種連携を巡り、独占を防ぐための新たな指針を作る方針だ。企業が連携するときのビッグデータや知的財産の扱いについて、競争法上の問題となるかどうかの考え方を示す。販売シェアだけでは見えない市場の支配力でもルールを透明にし、健全な再編が進む環境を整える。

公取委の研究機関、競争政策研究センターが12月から検討会を開く。2019...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン