/

この記事は会員限定です

架空のアイドル顔をAIで生成 京大発ベンチャーの狙い

[有料会員限定]
日経クロストレンド
京都のスタートアップ企業であるデータグリッドは、クリエイターの仕事を人工知能(AI)に委ねる「クリエイティブAI」の開発を進めている。「何かを作り出すAI」の1つとして、アイドルの顔を「生成」するAIを作成し、今後の新しいAIの利用法を提案する。

女性アイドルの顔というと、私たち人間は「こんな顔かな?」とイメージできる。そうした「アイドル顔」を、ディープラーニングによって無数のバリエーションで作り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン