2018年12月16日(日)

12/16 22:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,374.83 -441.36
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 -480

[PR]

業績ニュース

ソフトバンク上場、最大2.6兆円調達 仮条件1500円に

ソフトバンク
ネット・IT
2018/11/30 15:27
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ(SBG)が12月19日に上場させる国内通信子会社のソフトバンク(SB)は11月30日、株式の売り出し価格を決めるための仮条件を1500円に設定したと発表した。主幹事証券によると仮条件が上下に幅のない「一本値」になるのは現行制度では初めて。SBGは最大で約2兆6000億円を得る見通しで、国内の新規株式公開(IPO)としては過去最大規模となる可能性がさらに高まった。

SBGが保有するSB株のうち最大で約17億6400万株を売り出す。ここから計算すると売り出し額は最大約2兆6000億円と、1980年代後半のNTT(約2兆3千億円)を上回って国内最大になる見通し。世界最大のIPOである14年の中国・アリババ集団(当時の為替レートで約2兆7千億円)にも迫る規模だ。

仮条件は11月12日に公表した想定売り出し価格(1500円)を軸に決めた。SB株を売り出す幹事業務を引き受けている証券会社は12月3日から仮条件に基づいて投資家の需要を調べる作業に入り、10日に最終的な売り出し価格を決める。

仮条件は通常、「1400~1600円」など幅を持たせて設定する。ただ、今回の案件は規模が極めて大きく、売り出し価格が少し動くだけでも調達額が大幅に変動するため、異例の「一本値」となったようだ。なるべく高い価格での売り出しを希望するSBGと、安定的に株式を販売したい証券会社側とのせめぎ合いも影響した可能性がある。

売り出すSB株の9割は国内向けで、個人投資家が販売の中心になる。証券各社は異例のテレビCMを流すなど営業に熱を入れている。「配当利回りの高さ」を各社はアピールしている。SBは連結配当性向で85%を目標に掲げる。仮条件で計算した配当利回りは5%と、ライバルのNTTドコモ(4.2%)やKDDI(3.8%)を上回る。

個人の関心も高い。都内在住の50歳代の男性は「安定配当銘柄として長期保有したい」と話す。幹事を担う証券各社には個人の問い合わせが相次いでおり「既に全株を売り切るメドがついた」(大手証券の幹部)との声も聞かれる。今後は募集規模を超えてどこまで注文が積み上がるかも焦点となりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム