/

この記事は会員限定です

人手不足救うか、ICタグで作業減らす 病院やコンビニ

[有料会員限定]

深刻な人手不足を背景に、情報を無線で読み取る「ICタグ」の活用が広がってきた。検品などの作業時間短縮につながり、病院では70分かかっていた手術の準備が10分になった。航空機整備やコンビニエンスストアなどでも導入が進む。1枚10円という価格が普及の壁になってきたが、価格低下も相まって効率化のメリットがコストを上回りつつある。伸び悩んでいた市場が一気に拡大する可能性がでてきた。

読み合わせから解放

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン