山本昌さん「安全運転を」 年末控え愛知で出発式

2018/11/30 11:27
保存
共有
印刷
その他

12月1日に愛知県内で始まる「年末の交通安全県民運動」に先立ち、県警などは30日、県庁前で出発式を開いた。大村秀章知事や加藤達也県警本部長ら約300人が参加。忘年会シーズンを控え、飲酒運転の根絶やシートベルト着用の徹底を呼び掛けた。

交通安全を訴える山本昌さんら(30日、名古屋市中区)

県内の交通事故死者数は昨年まで15年連続で全国ワースト。今年も11月29日時点で170人が亡くなり、全国最多となっている。

式には、車好きで知られる元中日ドラゴンズ投手の山本昌さん(53)も出席。「気を付けて乗らないと、他人の人生を変えてしまう事故につながる。マナーを守り余裕を持って運転すれば、事故は必ず減らせるはずだ」と訴えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]