組織開発で考える職場の活性化(6) 「適応」型マネジメントが必要
中村和彦 南山大学教授

やさしい経済学
2018/12/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「VUCA(不安定、不確実、複雑、曖昧)の時代」とされる現在、人や関係性のマネジメントも変わる必要があるといわれます。マネジャーは指示命令型から、部下の主体性を引き出すマネジメントにシフトすべきだと指摘されています。

リーダーシップ研究者のハイフェッツは、組織や職場で起こる諸問題を「技術的問題」と「適応を要する課題」に分けました。問題を解決するための既存の手法があるのが「技術的問題」です。一方の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]