2019年9月17日(火)

韓国中銀、1年ぶり利上げ 年1.75%

2018/11/30 10:19
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国銀行(中央銀行)は30日の金融通貨委員会で、政策金利を0.25%引き上げ年1.75%とすることを決め、即日実施した。利上げは1年ぶり。景気は減速感が強まっているが、米国の相次ぐ利上げで韓国の金利は米国より低くなっている。米韓の金利差がさらに広がれば資金が流出する懸念があることから利上げに踏み切った。

利上げは2017年11月、0.25%引き上げ、1.5%にして以来。米国の金利は3月に韓国を上回り、その後も金利差は開いていた。

一方で韓国の景気は減速感が強まっている。統計庁が同日発表した10月の景気動向指数(15年=100、速報値)は、景気の現状を示す一致指数が98.4と、前月比で0.2ポイント低下した。今回の利上げによって景気をさらに冷え込ませる恐れもある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。