/

この記事は会員限定です

がん、薬で「予防可能」 大腸腺腫に鎮痛剤が効果

[有料会員限定]

日本人の半数が一生のうちにがんを患い、3人に1人はがんで亡くなるといわれる。がんの予防は社会的な課題だ。日本では治療法の改良が先行し、医薬品を使う予防法の開発は後手に回ってきた。予防の臨床研究を支援する日本がん予防学会理事長の石川秀樹氏(京都府立医科大学特任教授)に、取り組むべき課題について聞いた。

――がんの予防に関する学会の取り組みは。

「禁煙など医薬品を使わずにできるがんの予防法は多い。企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン