/

この記事は会員限定です

「なんでも内閣委」で法案渋滞 デジタル化法案など審議先送り

[有料会員限定]

内閣官房や内閣府の肥大化に伴い、法案が集中する衆参両院の内閣委員会。臨時国会でも法案が山積し、12月10日までの会期内の成立が危ぶまれるものも目立つ。成年被後見人の欠格条項を撤廃する法案や議員立法のデジタル化促進法案などは来年の通常国会に先送りとなりそうだ。ビジネス関連の法案も幅広く所管するだけに、経済的な面での影響も懸念される。

内閣委は人事院勧告を受け国家公務員の給与を改定する給与法の改正案、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン