2018年12月10日(月)

WTI原油が一時50ドル割れ 1年2カ月ぶり

OPEC
環境エネ・素材
2018/11/29 19:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物が日本時間29日夕の時間外取引で、一時1バレル49.41ドルまで下落した。節目の50ドルを割り込むのは、2017年10月以来、約1年2カ月ぶり。供給過剰への警戒感から売りが優勢になった。

米エネルギー情報局(EIA)が28日発表した週間統計で、米原油在庫が10週連続で増加。約1年ぶりの高水準となり、需給の緩みが意識されて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報